カップラーメン放浪記

カップラーメンを中心に家庭でお手軽に食べれるものを紹介していきます

一度は食べたい名店の味 狼煙 (H31.2.4発売)

 今回はエースコック株式会社の「一度は食べたい名店の味 狼煙」の紹介をさせていただきます。

埼玉。大宮の人気店 狼煙

 このカップラーメンは埼玉県大宮市にある「狼煙」の看板メニューをアップラーメンいしたもの。狼煙は濃厚な魚介豚骨のスープや絶品の自家製麺にが味わえる行列のできる名店のようです。お店の一番人気はつけ麺、また濃厚狼煙ラーメンも絶品とのことです。「同店の一杯は、動物系と魚介系をじっくり煮込んだ濃厚なWスープに多量のぎょふんが特徴的な連日長蛇の列をつくるラーメン」とのこと。一度食べてみたいですね。

 

パッケージ、価格、エネルギー等

f:id:yoshikunpapa:20190216181415j:plain

f:id:yoshikunpapa:20190216181442j:plain

  大きく「狼煙」と、ドーンと。後ろに移るラーメンは実際の狼煙のラーメンでしょう、お店も映っています。パッケージに映るラーメンは、正に濃厚な魚介ラーメンのスープの色をしています。早く食べたい。

f:id:yoshikunpapa:20190216182125j:plain

f:id:yoshikunpapa:20190216182145j:plain

 小売希望価格:205円(税抜き価格)

 内容量:96g(うち、麺は70g)

 エネルギー:405kcal(うち、めん・かやくは306kcal、スープは99kcal)

 アレルギー物質:小麦、卵、乳成分、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン、ごま

作り方

 カップラーメンのフタを開けると中からは、液体スープ・ふりかけの小袋、油揚げめん、その上にかやくに粉末スープ。

f:id:yoshikunpapa:20190216182643j:plain

f:id:yoshikunpapa:20190216182700j:plain

 フタを半分まで開けて、液体スープとふりかけをとります。熱湯を内側の線までそそぎます(必要なお湯の量の目安は440ml)。熱湯を注ぎ、待つこと5分。液体スープ、ふりかけを入れ、よくかき混ぜたら、完成。

f:id:yoshikunpapa:20190216183501j:plain

実食

 

f:id:yoshikunpapa:20190216183544j:plain

 麺は中太麺でしょうか。しっかりと噛みごたえのある角太麺とのこと。麺をすすった際のつるつるとした感触が印象的、歯ごたえはもっちり。スープがよく絡む。

f:id:yoshikunpapa:20190216183933j:plain

 かやくは鶏・豚味付け肉そぼろ、玉ねぎ、ねぎ、メンマ。程よく味付けした肉そぼろと、風味の良い玉ねぎ、彩の良いねぎに食感の良いメンマを加えたとのこと。メンマは小さめですが、シャキシャキの歯ごたえ。

f:id:yoshikunpapa:20190216183905j:plain

 スープは見た目は茶色、魚粉タップリの予感。少しとろみがかっています。匂いは正に魚介、魚粉の香りが心地よい。鶏豚と魚介の旨味をガツンと利かせた濃厚なスープに、20%増量した後掛けのタップリの魚粉で仕上げたとのこと。口に入れた瞬間に魚粉が口いっぱいに広がります。濃厚な魚介の印象が強いですが、豚骨の旨みもしっかりと感じます。また豚骨のゼラチン質のせいか、いつものカップラーメンと比べて、最後までスープが熱々。ラーメンを食べ終わった後には口の中に魚粉のざらっとしたものがタップリ残ります。

まとめ

 個人的にはラーメンの中でも、いわゆる節系は大好物の部類。20%増量した魚粉のおかげで、魚介の旨味をしっかりと味わえる一杯になっています。濃厚なスープが特徴ではありますが、中太麺の麺もしっかりとしたコシがあります。埼玉にある狼煙には行ったことがないので、実際のお店のラーメンとの比較はできませんが、とても完成度の高いカップラーメンだと思います。